【父は正楽】
 実は、二代目紙切り林家正楽が、実父。
従って紙切りの林家二楽は、実弟となります。

  ≪藤娘 正楽作≫        ≪正楽と二楽≫       ≪出版本の表紙≫

【兄弟会】
 小南治と二楽で行う「紙工落語(紙工劇落語)の会」、これはおのおの普段の寄席では演じないOHP(オーバー・ヘット・プロジェクター)を使い切り絵の背景を写し出すものです。
試行錯誤で行う紙工落語も宜しくお願いいたします。

 「紙工落語(紙工劇落語)の会」の日程は、以下の通りです。

≪紙工落語 第2回  「鼻ほしい」≫
≪平成12年 江戸東京博物館「死神」≫

                    
小南治処女作発売!!】
 師匠桂小南と実父林家正楽のうらがわを書いた本が、
「父ちゃんは二代目紙切り正楽」と題し、うなぎ書房瓩茲蟒佝任気譴泙靴拭

各書店、寄席の売店(サイン入り)で販売中!


仏教大学名誉教授 関山和夫先生からいただいたお便りをご紹介致します

前略 このたびは、お知らせいただき、思いがけなく岐阜でお会いできまして、
本当に嬉しく存じました。すばらしい一夜でした。
二楽さんもお元気で、すごく上達され、故師匠やご尊父さまを思い出して感慨無量でした。ありがとうございました。
喬之助さんの『初天神』は、子供向きによく工夫されていて、表情も豊かでよかったと思います。
小南治師匠の『死神』は、大人向きのところをうまくカットして、大変面白く出来ていました。さすがです。
二楽さんは、近年ぐんと腕を上げられ、すばらしい紙切りです。
紙工落語の面白さは予想以上で、ワイドスクリーンに観る合体作品には全く感心いたしました。
見事な世界を開拓されたご努力に、心から拍手を送ります。
H.13.7.19 ぎふサンSUN子ども劇場協議会 紙工落語の会

拝復 お手紙有難く拝読致しました。
あの夜の感動が、今も続いております。本当に大好評でした。
落語よし、紙切りよし、申し分ありませんでした。
ご尊父様もお喜びのことと存じます。
いろいろ思い出しまして、感慨一入です。
含笑長屋最高の思い出をご提供下さいまして有難うございました。
御縁を喜びます。
H.14.1.27 第349回含笑長屋“落語を聴く会”
             正月特集 桂小南治・林家二楽兄弟会